office_hiroko

office_hiroko

 和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。学内のはみ出し者、山伏、学外から勉強しにきた外人と様々な人種で構成され、いまや一種のアジール(聖域)と化している。毎週一回のゼミの後、夜会と称して山本先生を囲んだ懇談会を開催しており、そこに連れ込まれていつの間にか一員となった者も数多い。ゼミとは別に、有志による勉強会も随時開いている。また学外の学びの場である成城寺小屋講座にも主体的にゼミのメンバーは関わっている。長野県蓼科の山荘や、高知県物部町の「和光大学ものべ荘」、そして鶴川の「岡上ハウス」などの拠点を持ち、日々勉強に邁進する。本HPはそんな山本研の活動の一端を発信すべく2011年5月にリニューアルした。

新・野川日記 荒神たちの棲む谷へ―比婆荒神神楽交遊


いそがしさにかまけ、野川日記をさぼっているうちに、いつしか神楽のシーズンを迎えた。10月末、摩多羅神についての私の新稿(「我らいかなる縁ありて 今この神に仕ふらん」)を収録した『日光―その歴史と宗教』*註1が刊行、何人かの方にお届けする。その一人が、比婆荒神神楽の伝承地・庄原市東城町に住む高柴順紀さんだ。通称は”森の人”*註2
 

摩多羅神空間のアルケオロジー ―山本先生の最新論考を紹介!


 この10月末、春秋社から『日光――その歴史と宗教』(菅原信海・田邊三郎助編)が刊行された。山本ひろ子先生の記念すべき新論考「我らいかなる縁ありて 今この神に仕ふらん―常行堂と結社の神・摩多羅神」が集録された本である。……それにしても、妖しげなタイトルだ。発表されて間もないこの論考を、本HP読者へ精一杯ご紹介したい。


特別企画――物部・いざなぎ流関連小論 その5

jujututo2のコピー.jpg
 山本ひろ子先生が爐い兇覆流瓩肪り着く前に経た場所とは、芸能の宝庫・三信遠の境を接した山里でした。前回はそこで活躍する、「幣取」の「宮太夫」、「鍵取」の「若太夫」という修法者の姿を、神社の棟札に、神楽の詞章に、そして在地の民間習俗のなかに見いだしアウトラインを描いてゆきました。はたして彼らは一体どのような存在だったのか、そして爐い兇覆流瓩悗隼核楡萓犬鯑海い燭里呂いなる着想であったのか…。いよいよ今回で「呪術と神楽」第1回「法太夫の住む村」は完結します。

 

特別企画――物部・いざなぎ流関連小論 その4


 魔法。という魅惑的な書き出しから始まった「呪術と神楽」の第1回。幸田露伴をガイド役に日本の魔法修行者たちを訪ね、いよいよ�いざなぎ流�へと話題は迫ってゆきます。とその前に、山本先生の�回り道�に我々も同行してみましょう。

  • 2011.09.12 Monday
  • -

2011年度 物部フィールドワーク特集!後編


授業「フィールドワークの実践1」は、自主運営の小屋「和光大学ものべ荘」を拠点とする狹租瓩療攤粥κ部フィールドワークです。今年は、「あれをやりたい」「これだけは外せない」といった学生達の希望を最大限実現するため、「グリンツーリズム・いざなぎ流体験組」と「食文化探訪組」に分けて、組ごとに実習をしました。物部FW特集・後編では「食文化探訪組」のフィールドワークを紹介します。〔山本ひろ子〕 

特別企画――物部・いざなぎ流関連小論 その3


物部フィールドワークのための事前の勉強会と現地でのさまざまな体験を経て、私たちは、より深く物部といざなぎ流について、また民間信仰や呪術について知りたいという思いを強くしています。私たちが物部を訪ねる十数年前に山本ひろ子先生は、先生ならではのアプローチで、いざなぎ流との邂逅を果されました。今回の「論考を読む」では、先生のいざなぎ流に関する一連の論考「呪術と神楽――日本文化論再構築のために」(『みすず』掲載)のなかから、初回の「法太夫の住む村」を数回に分けてとりあげ、山本先生と物部との出会い、さらには民間の宗教者たちに向けられた先生の眼差しの軌跡をたどってゆきます。

物部の食文化を満喫せり 研究生 矢田康二


 今回の物部フィールドワークは、グリーンツーリズム組と食文化探訪組に分かれて行動した。
 私は食文化探訪組に参加したが、最も印象に残っているのは宗石武夫さんのお宅、また周辺の山でのフィールドワークと実習である。例年物部ではお世話になっている佐竹美保さんも同行してくださった。薬草・野草がふんだんに採集出来る新緑の季節ではなかったけれど、物部の食文化の魅力を存分に味わえた体験だった。以下にそのあらましをレポートします。

 

柳田國男「ネブタ流し」を読む


 2011年度前期のゼミでは、柳田國男の「毛坊主考」を主要なテキストとして扱い、毎週レジュメによる発表を行いました。さまざまな視覚からの読みが可能なこのテキスト。今回は鈴木君による「ネブタ流し」の章の紹介と自身の考察を掲載します。

◆柳田國男「毛坊主考」を読んで
 柳田國男の「毛坊主考」は、多面的な作品である。表題のとおり、地方の集落で半俗半僧侶生活を送る念仏の徒についての話もあれば、シュク茶筅などの被差別的な扱いを受けていた人々の生態とその信仰について、また、各地に残る由来のわからなくなった塚や山という異界の周辺にたむろしている者(童子)たちについての話もあった。この多様性は、「毛坊主考」が「郷土研究」誌上に連載されたものであるということに由来する。柳田のその時々の関心や気分に沿って論が進んでいくのだ。それ故、ゼミで読む際、章が変わると全く別の話題になり、柳田の興味深い具体例を次々と繰り出す文体も相まって柳田初心者の自分には読みづらさを感じた面もあった。しかしながら、「毛坊主考」には、それを凌駕する内容の濃さと、柳田の問いの鋭さがある。今日はその中でも、「ネブタ流し」の章を主に扱いながら、神様を〈招き/送る〉ということを考えてみたい。


新・野川日記⑤ 《うた状態》へ、あるいは《うた状態》から


◇「うたげの会」が発足
 80年代に「説経祭文研究会」という会があった。3.11を機に当時のメンバー何人かが集まり、「説経祭文研究会」の復活と新展開を期して、“3.11以後の歌と語りを考える”「うたげの会」を立ち上げた。発起人は兵藤裕己さん(国文学)、川田順造さん(人類学)、藤井貞和さん(国文学・詩人)、佐々木幹朗さん(詩人)、赤坂憲雄さん(民俗学)、樋口良澄さん(編集者)、そして私の7人だ。
夏前に同窓会も兼ねて第1回の会合をもち、あれやこれやと相談。当面は発起人のもちまわりで企画することにし、第1回は兵藤さんの担当で10月2日の「琵琶物語と琵琶歌」と決まった。

琵琶湖物語07d07_ol[1].jpg
「琵琶物語と琵琶歌のうたげ」(クリックして下さい)

  • 2011.08.27 Saturday
  • -

2011年度 物部フィールドワーク特集! 前編


授業「フィールドワークの実践1」は、自主運営の小屋「和光大学ものべ荘」を拠点とする狹租瓩療攤粥κ部フィールドワークです。今年は、「あれをやりたい」「これだけは外せない」といった学生達の希望を最大限実現するため、「グリンツーリズム・いざなぎ流体験組」と「食文化探訪組」に分けて、組ごとに実習をしました。7月21日から24日までの4日間の体験のあらましを、2回に分けて紹介します。〔山本ひろ子〕



続きを読む >>

<< | 2/5PAGES | >>

COLUMN
これまでの記事

山本ひろ子先生のプロフィール 山本ひろ子
日本宗教思想史専攻。70年代に生まれた「寺小屋教室」にて、原典購読を中心とした活動を続ける。
山本ひろ子研究室とは? 山本ひろ子
和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。
先生の著作紹介 山本ひろ子
山本ひろ子先生の著作をご紹介します。

new entries

archives

categories



Copyright (c) 2000-2011 Hiroko Yamamoto All Rights Reserved.