面と語りのドラマツルギー―芸能と仮面のむこうがわへ(2)開催! | office_hiroko

office_hiroko

 和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。学内のはみ出し者、山伏、学外から勉強しにきた外人と様々な人種で構成され、いまや一種のアジール(聖域)と化している。毎週一回のゼミの後、夜会と称して山本先生を囲んだ懇談会を開催しており、そこに連れ込まれていつの間にか一員となった者も数多い。ゼミとは別に、有志による勉強会も随時開いている。また学外の学びの場である成城寺小屋講座にも主体的にゼミのメンバーは関わっている。長野県蓼科の山荘や、高知県物部町の「和光大学ものべ荘」、そして鶴川の「岡上ハウス」などの拠点を持ち、日々勉強に邁進する。本HPはそんな山本研の活動の一端を発信すべく2011年5月にリニューアルした。
  • 2013.05.28 Tuesday
  • -

面と語りのドラマツルギー―芸能と仮面のむこうがわへ(2)開催!

仮面フォーラム2-2.jpg
仮面フォーラム2-1.jpg

日時:2013年7月6日[土]13:00―18:15 開場12:30/開会13:00/閉会18:15
場所:和光大学J棟4階ホール


民間仮面蒐集家で詩人乾武俊氏の慶事も兼ねて、紀州・和歌浦にフォーラムと芸能の座をひらいたのは春まだ浅き三月。それから四ヶ月余。今度は舞台を東京に移し、花祭りの里古戸より田楽の面を迎え、さらに視座を広げながら、和歌浦フォーラムのその先を考えてゆきます。

[フォーラム]面と語りのドラマツルギー

開会のご挨拶(総合司会/山本ひろ子)

〈特別講演〉川田順造「人間の生活にとっての仮面を考える」

第1部 土俗面―その呪術性と力
面への愛着と面への畏怖 ――。かつて人びとにとって面は面でありながら、面を超えた何かでした。それを教えてくれるのが、様式化以前の自由な造形を持つ“土俗面 ”とその伝承・儀礼です。人と仮面とのひそやかな交流のかたちを見つめます。

提 題/山本ひろ子
報告1/「天龍川流域における面の信仰と芸能」櫻井弘人(飯田市美術博物館)
報告2/「いざなぎ流の仮面」梅野光興(高知県立歴史民俗資料館)
討 論/コメンテーター:山内登貴夫(写真家・仮面研究)

           〈休憩〉

第2部 白い翁と黒い翁―折口信夫・乾武俊の翁論を超えて
日本文化と芸能における最大の謎というべき “翁 ”。その造型と本性に大胆に切り込んだのが折口信夫で、それをさらに推し進めた一人が乾武俊でした。いま私たちは、折口・乾の翁論を踏まえつつも、その先を構想してゆこうとしています。翁の幻像のかなたに広がる、宗教芸能の新たな地平を求めて。

提 題/山本ひろ子
報告1/「折口信夫における翁像の形成」伊藤好英(日本・韓国芸能史)
報告2/「はじまりの翁―その語り、そのたくらみ」宮嶋隆輔(成城寺小屋講座)
討 論/コメンテーター:藤井貞和(詩人・古代文学)

閉会のご挨拶
 
※フォーラム参加は無料です。資料集はご希望の方に頒布します。
※フォーラム終了後、A棟4F第二会議室にて懇親会を開きます。(受付時に申し込んでください。参加費要。) 
※昼食は、E棟の生協食堂をご利用ください。 
※当日は学バスが増発されます。大学ホームページ( http://www.wako.ac.jp/)をごらんください。


お問い合わせ:成城寺小屋講座 Email… seijyo_terakoyakoza@yahoo.co.jp Tel&FAX…042-729-0214 ウェブサイト…http://ameblo.jp/seijyo-terakoyakoza/
場所:和光大学〒 195 -8585 東京都町田市金井町 2160番地 
※小田急線鶴川駅南口から徒歩約15分




★関連展示「古戸田楽の世界―仮面とことばの交歓」
古式豊かな内容を伝えながらも明治期に廃絶、まぼろしとついえ去った古戸田楽。けれども残された多くの仮面と詞章は、早川孝太郎、後藤淑、本田安次、乾武俊たち学者を魅了してきました。面たちは、今私たちに何を語りかけるのでしょう。詞章とクロスさせながら、面のむこうがわに広がる古戸田楽の世界をみはるかします。
また川田順造コレクションから、アフリカの仮面も数点展示します。この貴重な機会をお見逃しなく。


会場/和光大学図書・情報館内「梅根記念室」
会期/7月3日(水)〜7月12日(金)9:00〜20:30 
※6日(土)は19:00まで、7日(日)は休館です。 


◎プロフィール
川田順造(かわだ・じゅんぞう)
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授などを経て、現在神奈川大学特別招聘教授、同大学日本常民文化研究所研究員。専門は人類学。日本研究から出発し、西アフリカ、フランスで、それぞれ通算 9年あまり現地調査。「文化の三角測量」の方法や、モノへの関心から「技術文化」という概念を提起。著書『口頭伝承論』『聲』『アフリカの心とかたち』『もう一つの日本への旅』など。

藤井貞和(ふじい・さだかず)
東京大学名誉教授、詩人。専門は古代文学、言語態。詩集に『春楡の木』、『東歌―異なる声』、評論に『文法的詩学』、『人類の詩』など多数。また、『折口信夫の詩の発生 詩形/短歌/学』など折口学に関する論考も多数発表している。

山内登貴夫(やまのうち・ときお)
映像ジャーナリスト・仮面研究家。最後のたたら師たちのわざを記録した「和鋼風土記」など映像作品を多く手掛ける。天龍川流域の仮面を論じた『民俗の仮面』は、刊行から四十五年たった今でも古びず、依然として重要な問題を提起し続けている。

伊藤好英(いとう・よしひで)
専門は日本芸能史・韓国芸能史。折口の芸能史や古代研究を受け継ぎ、深化させる試みを行っている。折口学を韓国の芸能・民俗のなかに投げ込み、新たな地平を切り開く。主著『折口学が読み解く韓国芸能―まれびとの往還』、編著『折口信夫事典』。

梅野光興(うめの・みつおき)
高知県立歴史民俗資料館主任学芸員。専門は民俗学。高知県の民俗の調査、記録を精力的に進めるとともに、民間信仰いざなぎ流や妖怪などの研究を展開している。平成 4年に高知県下の民俗仮面を集めた「仮面の神々―土佐の民俗仮面展」を企画している。論考「天の神論」など。

櫻井弘人(さくらい・ひろと)

飯田市美術博物館学芸係長。専門は民俗学、民俗芸能。平成 8年開催の企画展「神々の訪れ ―天龍川流域の芸能の面」では、天龍川流域に残された 350点余りの仮面と関連資料を一堂に集めた。また、遠山霜月祭りの歴史を仮面の変遷に注目して解き明かす試みも行っている。論考「仮面からみた遠山霜月祭について」など。

山本ひろ子(やまもと・ひろこ)

私塾「成城寺小屋講座」を主宰。和光大学総合文化学科教授。専門は日本宗教思想史。著書に『変成譜』、『異神』、『中世神話』、編著に別冊太陽『祭礼―神と人との饗宴』など。近年は、摩多羅神を中心に中世の宗教芸能の世界を探る一方、諏訪のミシャグジ信仰や折口信夫の初期作品も考究している。

宮嶋隆輔(みやじま・りゅうすけ)
山本ひろ子ゼミ長を経て、3月に和光大学表現学部を卒業。成城寺小屋講座。奥三河・花祭りで出会った翁への関心から、花祭りと田楽の翁の詞章解読に取り組み、「黒い翁・三番叟の語り.古戸田楽の翁を再考する」など、翁に関する論考を発表。現在、「語る翁」から猿楽のはじまりを考えようとしている。


◎企画&プロデュース/山本ひろ子 
◎運営/成城寺小屋講座+山本ひろ子研究室 
◎共催/和光大学総合文化研究所
◎協力/古戸花祭保存会、東栄町花祭会館、川田順造、酒寄進一


Comments
YOUR COMMENTS:
    

COLUMN
これまでの記事

山本ひろ子先生のプロフィール 山本ひろ子
日本宗教思想史専攻。70年代に生まれた「寺小屋教室」にて、原典購読を中心とした活動を続ける。
山本ひろ子研究室とは? 山本ひろ子
和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。
先生の著作紹介 山本ひろ子
山本ひろ子先生の著作をご紹介します。

new entries

archives

categories



Copyright (c) 2000-2011 Hiroko Yamamoto All Rights Reserved.