〈山の神〉と出会う旅 〜諸塚・椎葉道中記(後篇)〜 | office_hiroko

office_hiroko

 和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。学内のはみ出し者、山伏、学外から勉強しにきた外人と様々な人種で構成され、いまや一種のアジール(聖域)と化している。毎週一回のゼミの後、夜会と称して山本先生を囲んだ懇談会を開催しており、そこに連れ込まれていつの間にか一員となった者も数多い。ゼミとは別に、有志による勉強会も随時開いている。また学外の学びの場である成城寺小屋講座にも主体的にゼミのメンバーは関わっている。長野県蓼科の山荘や、高知県物部町の「和光大学ものべ荘」、そして鶴川の「岡上ハウス」などの拠点を持ち、日々勉強に邁進する。本HPはそんな山本研の活動の一端を発信すべく2011年5月にリニューアルした。

〈山の神〉と出会う旅 〜諸塚・椎葉道中記(後篇)〜

douchu.jpg
山の神に迫りたい、と宮崎県の山間部を目指した山組一行。最初の目的地、諸塚村では絶好のロケーションに感嘆し、また心温まる交流会の場ではたくさんのお土産をいただいて、旅の初っ端から、山の猖かさ瓩坊擇打ちのめされた。そして「そこは深山幽谷」と諸塚の人に言わしめた狡罵姚瓩悄我々は山の神の姿を追ってさらに旅をすすめた。
 
◆山人からの狃病雖瓠獣櫂了淅を訪ねる
午前中のバスに乗って諸塚を後にする。上椎葉でタクシーに乗り換えて嶽之枝尾へ。車は地元のお年寄りと相乗りだ。車中に飛び交う地元の言葉が心地よい。
嶽之枝尾の神楽は、諸塚の山守とも通じる「宿借り」という演目を有している。何を隠そう私の研究テーマの決定には、この「宿借り」が一役買っている。柳田國男の『遠野物語』には様々な山の異形の存在が描かれているが、そこに現れる「山の神」の姿と、「宿借り」で宿を訪れる旅人―御山人―の姿はよく似ている。東北と九州という遠く離れた場所で、何故両者は似通った姿をしているのか。その謎を解きたいというのがそもそもの発端だ。ひどく単純で素朴な疑問なのだが、明確な答えはいまだ見出せていない。
竹ノ枝尾地区では、柳田がこの地を訪れた当時の村長・中瀬淳氏の旧宅で、綾心塾を開いておられる綾部正哉さんを訪ねた。「宿借り」について語られた―神楽の場に訪れた「山の神」に神楽を奉納する次第―という言葉から、「宿借り」の重要性が垣間見えた。解釈は時代によって変わるが、作法・伝承の中にはこの地の人が大事にしてきたものの痕跡が残っているはずだ。昨日のお月見の残りですが、と頂いた、手作りのおはぎを頬張りながら、そんなことを考えた。
帰り際、宿借りの問答で定型句となっている「ほっと承り申す…」という言葉、これにも意味があるのだと“宿題”を出された。次に訪れるときまでに何かしら答えを出したいものだ。



◆“懐かし”の尾前と「山の神」の歓迎
昨年の12月に尾前地区の神楽を見学した。今回、椎葉村での最終目的地がここ尾前だ。「民宿おまえ」に宿をとる。晩は土地の食材をふんだんに使った手料理(もちろん猪肉が出る)に舌鼓を打ち、宿のご子息に今の狩猟の様子などを聞かせていただいた。翌朝はご主人が5年に一度の祭典「敬老の日大会」に行かれるとのことであったので、上椎葉まで同乗させていただいた。

椎葉民俗芸能博物館ではちょうど「御幣展」が開催されており、入り口の周囲の梁にずらりと御幣が並んでいた。見つけた、紅白の三角形が特徴的な「山の神」と「コウザキ」の幣だ。解説を見ずに見つけられたことに、ほんの少し嬉しくなってしまう。
「山の神」と「コウザキ」の歓迎を受けた後、ひっそりとした館内をゆっくりと巡る。しかし一番楽しみなのはやはり3階だ。何しろ狩猟コーナーには「オコゼ」が待っているし、各地区の演目を見る事ができる神楽の映像コーナーもある。またお会いしましたね、と心の中で呟きながらオコゼをじろじろと眺め、画面に顔をくっつけるようにして「宿借り」を鑑賞する。何でこんな小魚が「呪具」として用いられるようになったんだろう。「宿借り」の独特の節回しの問答、やっぱり実際に見てみたいなあ。つらつら考えながら表へ出て昼食用に購入したパンの袋を開けると、小さな蝶が飛んで来てジャムの上にとまった。そういえば昨日、嶽之枝尾の平田神社でも同じような蝶が袖口にとまった。もしかしたら、山の神に歓迎されているのかもしれない。そう思って今度はジャムだけを指につけて差し出してみたが、ゆらゆらとしばらく漂ったあと、どこかへ飛んで行ってしまった。馴れ合いはしないようだ。

◆山の狎菽瓩砲話を伺う
「おまえ」へ戻った後は、当地の猟師の頭領格であった尾前義則さんと、尾前神社の先代宮司である尾前秀久さんにお話を伺う。「敬老大会の直後でお疲れかもしれない…」といった私達の懸念を吹き飛ばしてしまうほど、明朗快活にお話をしてくださった。



「狩猟」を生業とする人々にとって、生計の場である山を領す「山の神」は、常に畏怖と尊敬の対象であった。義則さんは、山中で狩猟を行う人々の間に連綿と受け継がれて来た伝承・作法を実践できる数少ない方の一人だ。昨年見学させていただいた尾前神楽の「シシマツリ」も、その時執行できるのは義則さんだけであった(その後ご長男に伝授されたそうである)
「狩猟に関することなら三晩は話せる」と義則さんは言う。確かに、椎葉の猟師の起源譚、「矢立て」や「逆巡り」といった狩猟を行う上での作法、また動物の解体の手順などを少しもよどむことなく話し続けるご様子からは、それが冗談でもないことが伝わってくる。中でも印象的だったのは、「山の神」の存在に対する考え方だ。
「山の神」に関する祭文類を読んでいくと、特定の数字に出会う。東北では「十二」、そして西日本では「三十三」という数だ。「観音菩薩は三十三の化身を持つ」という観念が一つの根拠ではないかと私は考えたが、義則さんは違った解釈をもっていた。「三十三」という数字自体には意味はなく、それらを合わせた“九十九”という数…「非常に数が多い」という事の方をむしろ重要視する。数が多い、つまり「どこにでもいる」ということのようだ。神はどこにでも存在していて、時折変わった形の木や岩に顕現する。山中で用を足すときには山の神に一声かける、ということなどもその表れの一つだろう。

◆まだ出会えぬ物語を夢想して
初めて体験する二日酔いに翻弄されつつ、おまえのご主人やおかみさんに別れを告げてバスに乗り込む。今度は中学生3人と一緒だ。恋愛の悩みや進路などといった中学生らしい会話が聞こえ、この方言ともしばらくお別れだな…と今さらながら名残惜しくなってくる。彼らが車を降りて行ったとき、何故か少し現実に引き戻された気がした。
帰路、日向灘に面した鵜戸神宮に立ち寄って、宮崎空港へ。出発ロビーにあるからくり時計からは定刻になると人形が出てきて神楽を舞う。その舞を見ながら、尾前やまだ見ぬ諸塚の神楽を投影している自分に気付く。諸塚で綟川さんが仰っていたことが思い出される。
「実際に神楽を見なければ、物語はわからない。」
今回のFWで、地元の方の日常に入り込み、その声を聴き、空気を感じる事の楽しさを知った。しかし、まだ出会っていない「物語」が沢山ある。もちろん山の神の物語もそのひとつだ。そんなことを考えながら、羽田行の飛行機へと乗り込む。来た時と同じ小雨の中、宮崎の明かりが遠くなっていった。〔文・中田雪野〕

>> 前編を読む


Comments
YOUR COMMENTS:
    

COLUMN
これまでの記事

山本ひろ子先生のプロフィール 山本ひろ子
日本宗教思想史専攻。70年代に生まれた「寺小屋教室」にて、原典購読を中心とした活動を続ける。
山本ひろ子研究室とは? 山本ひろ子
和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。
先生の著作紹介 山本ひろ子
山本ひろ子先生の著作をご紹介します。

new entries

archives

categories



Copyright (c) 2000-2011 Hiroko Yamamoto All Rights Reserved.