物部FW「いざなぎ流」体験記 二年 中田雪野 | office_hiroko

office_hiroko

 和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。学内のはみ出し者、山伏、学外から勉強しにきた外人と様々な人種で構成され、いまや一種のアジール(聖域)と化している。毎週一回のゼミの後、夜会と称して山本先生を囲んだ懇談会を開催しており、そこに連れ込まれていつの間にか一員となった者も数多い。ゼミとは別に、有志による勉強会も随時開いている。また学外の学びの場である成城寺小屋講座にも主体的にゼミのメンバーは関わっている。長野県蓼科の山荘や、高知県物部町の「和光大学ものべ荘」、そして鶴川の「岡上ハウス」などの拠点を持ち、日々勉強に邁進する。本HPはそんな山本研の活動の一端を発信すべく2011年5月にリニューアルした。

物部FW「いざなぎ流」体験記 二年 中田雪野


◆厳粛さと高揚感―舞神楽実習
 
私にとって初めての物部フィールドワーク。実習ではグリーンツーリムといざなぎ流舞神楽を体験した。
指導してくださるのは、小松幹宏太夫、「いざなぎ流神楽保存会」の半田琴美さんと半田敏張さん(ご夫婦ではない)、そして舞神楽を勉強中の佐竹理恵さんである。
まず扇と錫杖を手元に置き正座して拝礼。自然と厳粛な心持ちになる。拝礼が済むと、半田琴美さんの唱える言葉に合わせ、ゆっくりと弧を描くように扇を左右に動かし、これから舞を奉納する事を神様に報告する。皆も緊張感を持った表情で半田さんの動きを追っていた。

扇を手にくるくると舞う。

教えて頂いたのは「扇の舞」である。基本的な手の動きと足さばきを習い、あとはその動作を四方に向きを変えて繰り返す。簡単そうに聞こえるが、向きを変えるための「回転」が曲者。調子に乗って回り過ぎ、一人あさっての方向を向いて止まるということも。これが恥ずかしいのだが、素知らぬ顔で舞を続ける。
 一通りの動作を覚え、いよいよ衣装を身につけて舞う。


半田敏張さんに太鼓を教わる。テンツク、テンツク、テンテンテン…。

 しばらく舞っていると、気分が高揚してくる。太鼓と錫杖の音、そしてこの回転が高揚感に拍車をかけているようだ。何度も袴の裾を踏み、綾笠を落としそうになるが、気分は良い。舞を終えて最後の拝礼を行う頃には、全員汗ばんでいた。「少しトランス状態になった気がする」と、1年生の塩田君。やはり神楽というものには人を陶酔させる力があるのだろう。

◆神を招く依り代――御幣切り実習
 舞の実習の後は「御幣切り」。いざなぎ流には膨大な種類の御幣が存在するが、今回は「祓幣」、「山の神幣」、「水神幣」の3種類を教えて頂いた。ゼミ長以外は皆初体験なのだが、こちらも舞に負けず劣らず、それぞれの個性が如実に表れた。


見よう見まね…で御幣切りに挑戦中。

 太夫さんの手元を見て迷いなく半紙に切り込みを入れていく学生もいれば、半田さんに付きっきりで教えてもらいながら、うまくできない学生も。できあがった御幣には目鼻を表す切り込みを入れるが、この表情が十人十色。太夫さんの御幣はどこか神秘的で畏怖の念を起こさせるのに対し、学生の幣は妙に楽しそうだったり、可愛らしかったり。
 しかしどんなできばえであれ、定められた手順通りに作られればそれはやはり「御幣」。この幣を立てて勧請すれば、そこに神が宿るという。
「この場は実習だけれども、御幣は遊びで作るようなものではない」との太夫さんの言葉が印象的だった。

◆いざなぎ流の太夫さんたちを囲んで
 そうこうするうち「食文化組」が合流。太夫さんや半田さん達を囲んでお話をうかがう。
 「山の神」を研究テーマとし、事前の勉強会でも「山の神の祭文」を読み込んできた私にとっては、太夫さんに“現場の話”をうかがえるまたとないチャンスであったのだが、質問らしい質問も出来なかった。非常に心残りである。

 それでも色々なお話をうかがうことが出来た。「太夫になったのはいつ頃、どのようなきっかけで?」という質問に対する「わからん」という太夫さんの返事に、笑いが起こる場面も。しかし太夫さんの回想からは、太夫になる事が単に“祭祀執行人”になるというだけのものではないと、改めて感じさせられた。「(祈禱などを行うときには)人を見なければいけないと耳にタコができるほど師匠から教えられた」とのお話から、「いざなぎ流」がもつ本質の一片を垣間見た気がした。


小松太夫さんを囲んで。修行のお話に興味津々。


 深い緑と清冽な流れに囲まれた山村で連綿と受け継がれてきた「いざなぎ流」。様々な宗教を取り入れて、複雑な変化を遂げてきたこの民間宗教の淵源を探ろうと思うなら、2日や3日の滞在では到底足りない。しかし、それを育んできた環境に実際に身を置き、ほんの一端でもその伝統に触れたことは、私自身も含め学生達に何かしらの“刺激”を与えたはずだ。そしてそこで得たものを今後どのように活かしていくのか―。
既に次の物部FWは始まっている。〔文:総合文化学科二年 中田雪野〕




Comments
YOUR COMMENTS:
    

COLUMN
これまでの記事

山本ひろ子先生のプロフィール 山本ひろ子
日本宗教思想史専攻。70年代に生まれた「寺小屋教室」にて、原典購読を中心とした活動を続ける。
山本ひろ子研究室とは? 山本ひろ子
和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。
先生の著作紹介 山本ひろ子
山本ひろ子先生の著作をご紹介します。

new entries

archives

categories



Copyright (c) 2000-2011 Hiroko Yamamoto All Rights Reserved.