コラム | office_hiroko

office_hiroko

 和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。学内のはみ出し者、山伏、学外から勉強しにきた外人と様々な人種で構成され、いまや一種のアジール(聖域)と化している。毎週一回のゼミの後、夜会と称して山本先生を囲んだ懇談会を開催しており、そこに連れ込まれていつの間にか一員となった者も数多い。ゼミとは別に、有志による勉強会も随時開いている。また学外の学びの場である成城寺小屋講座にも主体的にゼミのメンバーは関わっている。長野県蓼科の山荘や、高知県物部町の「和光大学ものべ荘」、そして鶴川の「岡上ハウス」などの拠点を持ち、日々勉強に邁進する。本HPはそんな山本研の活動の一端を発信すべく2011年5月にリニューアルした。

僕らのフィールドワーク祭り


年末も押し迫った12月16日、総合文化学科主催で爛侫ールドワーク祭り瓩般誕任辰織ぅ戰鵐箸はなばなしく開催された。授業やゼミで展開しているフィールドワークをひとつの場に集め、目に見える形にして学科の内外に発信しようという、かつてない試みだ。実は前年度にも「フィールドワーク報告会」は行なわれたのだが、「卒論・卒業制作報告会」の一環で、時間も少なく、フィールドワークの面白さは伝えられない。「どうせなら単独で、それも学生主体でやってみようじゃないの!」(担当教員山本ひろ子と長尾洋子の弁)。そんな目論見から、学生5人による「フィールドワーク報告会実行委員会」が立ち上がり、10月頃から動き出した。狙いどころは、文字通り”祭り”である。準備の過程で色々なアイディアが生まれ、予想を上回る規模になるのは必至だった。そこで私のゼミ生がイベントを盛り上げるべく実践部隊として参入し、実行委とのタッグを組んだ。助っ人や飛び入りも活躍した、以下はその奮戦記である。〔山本ひろ子〕

山本ひろ子研究室、2011年11月以降の活動を一挙ご紹介!


昨年十一月以降、研究室のあまりの忙しさに本HPの更新がストップ……楽しみに見てくださっていた皆さま、申し訳ありません。そして、お待たせしました! 新年度を迎えるに際し、約四ヶ月間の研究室活動を一挙にご紹介します。どれも深い内容を持ったフィールドワークやイベントばかり。一部、2011年度の総合文化学科フィールドワーク報告集『2011 渦流』にてご紹介していますので、そちらもぜひご覧ください(和光大学にて配付しています)。
 

テキストの深層を遊ぶ―“被差別・芸能組”蓼科合宿レポート(後編)


◆念願の『旧記』購読
 合宿二日目、ここからは「成城寺小屋講座」でおなじみの本田女史と、常連さん・長島節五氏が合流し、いよいよ本格的な研究報告会である。
 ハナを切るのは「山組」の高橋。被差別・芸能組の合宿にもかかわらず、いきなり山組による殴り込み発表だ。タイトルは「シシマツリと諏訪の祓」。多数の文献を駆使した堂々たる発表で、「何、もどきがしゃしゃり出て」くらいに思っていた僕たちを圧倒した。こういうせめぎあいがあるからこそ場が活性化し、報告会がよりスリリングなものになってくる。
 

〈山の神〉と出会う旅 〜諸塚・椎葉道中記(後篇)〜

douchu.jpg
山の神に迫りたい、と宮崎県の山間部を目指した山組一行。最初の目的地、諸塚村では絶好のロケーションに感嘆し、また心温まる交流会の場ではたくさんのお土産をいただいて、旅の初っ端から、山の猖かさ瓩坊擇打ちのめされた。そして「そこは深山幽谷」と諸塚の人に言わしめた狡罵姚瓩悄我々は山の神の姿を追ってさらに旅をすすめた。
 

大先達と野に遊ぶ―“被差別・芸能組”蓼科合宿レポート(前編)


 さる10月23日から26日にかけて、山本ひろ子研究室の中の勉強会“被差別・芸能組”の合宿が、諏訪・蓼科の地で行なわれた。9月に挙行された“山組”の椎葉での研究旅行に対抗する意味合いもあって、メンバーそれぞれが入念な準備を重ねて臨んだ。今日はその模様をお届けしよう。
 

〈山の神〉と出会う旅 〜諸塚・椎葉道中記(前編)〜


日々運動を展開している山本研には、現在猗鏈絞漫Ψ歿汁鉢瓩鉢犹柿鉢瓩ある。それぞれ関心を共にする仲間が集まってのミニ研究会だ。山伏修行中の本田、狩猟文化に関心のある高橋、そして山の神を研究テーマとする私、中田が現在の山組構成員である。今年度、山組の自主研究旅行として計画したのが宮崎県・椎葉村へのフィールドワーク。これから2回にわけて、このフィールドワークのあらましを報告したい。
 

物部の食文化を満喫せり 研究生 矢田康二


 今回の物部フィールドワークは、グリーンツーリズム組と食文化探訪組に分かれて行動した。
 私は食文化探訪組に参加したが、最も印象に残っているのは宗石武夫さんのお宅、また周辺の山でのフィールドワークと実習である。例年物部ではお世話になっている佐竹美保さんも同行してくださった。薬草・野草がふんだんに採集出来る新緑の季節ではなかったけれど、物部の食文化の魅力を存分に味わえた体験だった。以下にそのあらましをレポートします。

 

柳田國男「ネブタ流し」を読む


 2011年度前期のゼミでは、柳田國男の「毛坊主考」を主要なテキストとして扱い、毎週レジュメによる発表を行いました。さまざまな視覚からの読みが可能なこのテキスト。今回は鈴木君による「ネブタ流し」の章の紹介と自身の考察を掲載します。

◆柳田國男「毛坊主考」を読んで
 柳田國男の「毛坊主考」は、多面的な作品である。表題のとおり、地方の集落で半俗半僧侶生活を送る念仏の徒についての話もあれば、シュク茶筅などの被差別的な扱いを受けていた人々の生態とその信仰について、また、各地に残る由来のわからなくなった塚や山という異界の周辺にたむろしている者(童子)たちについての話もあった。この多様性は、「毛坊主考」が「郷土研究」誌上に連載されたものであるということに由来する。柳田のその時々の関心や気分に沿って論が進んでいくのだ。それ故、ゼミで読む際、章が変わると全く別の話題になり、柳田の興味深い具体例を次々と繰り出す文体も相まって柳田初心者の自分には読みづらさを感じた面もあった。しかしながら、「毛坊主考」には、それを凌駕する内容の濃さと、柳田の問いの鋭さがある。今日はその中でも、「ネブタ流し」の章を主に扱いながら、神様を〈招き/送る〉ということを考えてみたい。


物部FW「いざなぎ流」体験記 二年 中田雪野


◆厳粛さと高揚感―舞神楽実習
 
私にとって初めての物部フィールドワーク。実習ではグリーンツーリムといざなぎ流舞神楽を体験した。
指導してくださるのは、小松幹宏太夫、「いざなぎ流神楽保存会」の半田琴美さんと半田敏張さん(ご夫婦ではない)、そして舞神楽を勉強中の佐竹理恵さんである。
まず扇と錫杖を手元に置き正座して拝礼。自然と厳粛な心持ちになる。拝礼が済むと、半田琴美さんの唱える言葉に合わせ、ゆっくりと弧を描くように扇を左右に動かし、これから舞を奉納する事を神様に報告する。皆も緊張感を持った表情で半田さんの動きを追っていた。

山猫シェフの物部夜会奮闘記〜リベンジ編〜 四年 日野原明久


私にとって2回目の物部FW。昨年は鰹のたたきやゲストの方の創作料理に見せ場を奪われ、私の料理は完全に陰に隠れてしまった。今年はそんな失敗はしたくない。「山猫亭」のシェフの名に相応しいものを作ろうと、メニューを決める段階からかなり気合を入れた。
 
続きを読む >>

| 1/2PAGES | >>

COLUMN
これまでの記事

山本ひろ子先生のプロフィール 山本ひろ子
日本宗教思想史専攻。70年代に生まれた「寺小屋教室」にて、原典購読を中心とした活動を続ける。
山本ひろ子研究室とは? 山本ひろ子
和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。
先生の著作紹介 山本ひろ子
山本ひろ子先生の著作をご紹介します。

new entries

archives

categories



Copyright (c) 2000-2011 Hiroko Yamamoto All Rights Reserved.