山本ひろ子先生 | office_hiroko

office_hiroko

 和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。学内のはみ出し者、山伏、学外から勉強しにきた外人と様々な人種で構成され、いまや一種のアジール(聖域)と化している。毎週一回のゼミの後、夜会と称して山本先生を囲んだ懇談会を開催しており、そこに連れ込まれていつの間にか一員となった者も数多い。ゼミとは別に、有志による勉強会も随時開いている。また学外の学びの場である成城寺小屋講座にも主体的にゼミのメンバーは関わっている。長野県蓼科の山荘や、高知県物部町の「和光大学ものべ荘」、そして鶴川の「岡上ハウス」などの拠点を持ち、日々勉強に邁進する。本HPはそんな山本研の活動の一端を発信すべく2011年5月にリニューアルした。

新・野川日記日本海と森の巨石


あまりの忙しさにかまけ、野川日記も長く休止状態。怠惰な私に再開を促したのは、安来の摩多羅神と見知らぬ出雲だった――。
3月末に摩多羅神と荒神さん絡みで出雲・松江フィールドワーク。4月29日には安来清水寺で本堂の落慶法要が、盛大にして華やかに挙行された。特筆すべきは、修築に伴い本堂東北隅に奉安された摩多羅神坐像を祝って、「媼舞」が奉納されたことだ。発案のきっかけは私だが、毛越寺延年の「老女舞」をお手本に創作されのは『黒い翁』の著者乾武俊先生。清水寺に伝わる古面(のレプリカ)を付けて舞ったのは狂言師小笠原匡さん、笛は槻宅聡さん。
祝宴は松江の一畑ホテルだったので、夜は松江で出雲マタラ組の岡部康幸さん、岡宏三さんと一献。翌日は、岡部さんと出雲逍遥。以下は、「日本海」と「巨石」へと私を誘った、案内人岡部さんの寄稿である〔山本ひろ子〕。

 

新・野川日記 荒神たちの棲む谷へ―比婆荒神神楽交遊


いそがしさにかまけ、野川日記をさぼっているうちに、いつしか神楽のシーズンを迎えた。10月末、摩多羅神についての私の新稿(「我らいかなる縁ありて 今この神に仕ふらん」)を収録した『日光―その歴史と宗教』*註1が刊行、何人かの方にお届けする。その一人が、比婆荒神神楽の伝承地・庄原市東城町に住む高柴順紀さんだ。通称は”森の人”*註2
 

摩多羅神空間のアルケオロジー ―山本先生の最新論考を紹介!


 この10月末、春秋社から『日光――その歴史と宗教』(菅原信海・田邊三郎助編)が刊行された。山本ひろ子先生の記念すべき新論考「我らいかなる縁ありて 今この神に仕ふらん―常行堂と結社の神・摩多羅神」が集録された本である。……それにしても、妖しげなタイトルだ。発表されて間もないこの論考を、本HP読者へ精一杯ご紹介したい。


特別企画――物部・いざなぎ流関連小論 その5

jujututo2のコピー.jpg
 山本ひろ子先生が爐い兇覆流瓩肪り着く前に経た場所とは、芸能の宝庫・三信遠の境を接した山里でした。前回はそこで活躍する、「幣取」の「宮太夫」、「鍵取」の「若太夫」という修法者の姿を、神社の棟札に、神楽の詞章に、そして在地の民間習俗のなかに見いだしアウトラインを描いてゆきました。はたして彼らは一体どのような存在だったのか、そして爐い兇覆流瓩悗隼核楡萓犬鯑海い燭里呂いなる着想であったのか…。いよいよ今回で「呪術と神楽」第1回「法太夫の住む村」は完結します。

 

特別企画――物部・いざなぎ流関連小論 その4


 魔法。という魅惑的な書き出しから始まった「呪術と神楽」の第1回。幸田露伴をガイド役に日本の魔法修行者たちを訪ね、いよいよ�いざなぎ流�へと話題は迫ってゆきます。とその前に、山本先生の�回り道�に我々も同行してみましょう。

特別企画――物部・いざなぎ流関連小論 その3


物部フィールドワークのための事前の勉強会と現地でのさまざまな体験を経て、私たちは、より深く物部といざなぎ流について、また民間信仰や呪術について知りたいという思いを強くしています。私たちが物部を訪ねる十数年前に山本ひろ子先生は、先生ならではのアプローチで、いざなぎ流との邂逅を果されました。今回の「論考を読む」では、先生のいざなぎ流に関する一連の論考「呪術と神楽――日本文化論再構築のために」(『みすず』掲載)のなかから、初回の「法太夫の住む村」を数回に分けてとりあげ、山本先生と物部との出会い、さらには民間の宗教者たちに向けられた先生の眼差しの軌跡をたどってゆきます。

新・野川日記⑤ 《うた状態》へ、あるいは《うた状態》から


◇「うたげの会」が発足
 80年代に「説経祭文研究会」という会があった。3.11を機に当時のメンバー何人かが集まり、「説経祭文研究会」の復活と新展開を期して、“3.11以後の歌と語りを考える”「うたげの会」を立ち上げた。発起人は兵藤裕己さん(国文学)、川田順造さん(人類学)、藤井貞和さん(国文学・詩人)、佐々木幹朗さん(詩人)、赤坂憲雄さん(民俗学)、樋口良澄さん(編集者)、そして私の7人だ。
夏前に同窓会も兼ねて第1回の会合をもち、あれやこれやと相談。当面は発起人のもちまわりで企画することにし、第1回は兵藤さんの担当で10月2日の「琵琶物語と琵琶歌」と決まった。

琵琶湖物語07d07_ol[1].jpg
「琵琶物語と琵琶歌のうたげ」(クリックして下さい)

新・野川日記� 南下日録〜大阪から新宮へ



◇旅のはじまり〜車窓の幻景
 「八月は野伏せ山伏せ多かりき帝釈天星宝庫(ほくら)を開け」。「ふつふつと死界の音ら耳に鳴るこの物の怪のはらふ術(すべ)なく」。

八月の声を聞くと、ひらいてみたくなるのが村上一郎の歌集だ。またカレンダーの数字群から、中上健次の命日8月12日が、つと立ち上がってこちらへ歩いてくるときがある。今年がそうだった。


新・野川日記③ 出雲・霊山寺のお薬師さん



 2010年3月に、安来の名刹・清水寺で中世の摩多羅神の木像が発見された―。飛び込んだこのニュースにつき動かされて私の出雲の摩多羅神への旅が始まり、はからずもたて続けに論考を執筆することになった。*註1 この平成に目覚めた摩多羅神のご縁で、清水寺の貫主・清水谷善圭さんとは親しくお付き合いをさせていただいている。先日貫主さんとお会いした折に、出雲の霊山寺の話を伺った。 
 出雲大社近郊でもっとも古くから開けた「遥堪」と呼ばれる地区に、大きな薬師像を三体お祀りする鰐淵寺末寺の不老山霊山寺がある。無住だったこの寺を貫主さんがこの4月から護持する事となり、毎月8日に護摩を焚いているのだが、御本尊の薬師像の由来は不明とのこと。それを聞いた私は、昔書いた叡山の薬師信仰に関する論考を思い出し*註2、お役に立つかどうか自信がなかったが、お送りした。するとすぐに貫主さんからお手紙が届いた……。



特別企画――物部・いざなぎ流関連小論 その2

巡礼論考マザー(2)600×450(風景)のコピー.jpg
 今回ご紹介する論考は、2000年刊行の『太陽』(平凡社)四国八十八ヵ所巡礼の旅の特集号に収録された一編です。スピリチュアルブームの昨今、巡礼の旅も10年前とは様変わりしました。民間信仰いざなぎ流を伝える土地・物部を、かつての「巡礼」というフィルターを通してみたら何が見えてくるのか……。現在ゼミで格闘中の柳田國男『毛坊主考』の内容とも関わってくる漂泊の宗教者たちが、これから行く物部の地を往来していたと思うと、より一層想像力を掻き立てられます。では、皆さんもご一緒に巡礼の旅へ。
続きを読む >>

| 1/2PAGES | >>

COLUMN
これまでの記事

山本ひろ子先生のプロフィール 山本ひろ子
日本宗教思想史専攻。70年代に生まれた「寺小屋教室」にて、原典購読を中心とした活動を続ける。
山本ひろ子研究室とは? 山本ひろ子
和光大学A棟816号室を根城にさまざまな活動を展開する山本ひろ子研究室。
先生の著作紹介 山本ひろ子
山本ひろ子先生の著作をご紹介します。

new entries

archives

categories



Copyright (c) 2000-2011 Hiroko Yamamoto All Rights Reserved.